トップページ | 一人で二泊したい方へ

一人で二泊したい方へ

 
一人旅の醍醐味は誰もも邪魔されることなく、ただひたすらに心を体を解放できる事。自由度が高いがゆえ、旅の上級者でないと時間を持て余してしまう事も。でも心配はご無用。目の前には良質な温泉と清々しい手付かずの自然があります。ゆるやかに流れる「峩々時間」に体内時計をあわせたら、もう楽しみ方は自分流でお過ごし下さい。
 

 
峩々温泉は以下のサイトよりご予約可能です。ポイントを溜めたい!お得なプランでご予約したい!という方は各サイトよりご宿泊プランをお選び下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 

特典①

「おこもり弁当」を無料でご用意しております(朝食時要予約)。
ご滞在中、どこへもお出かけにならないお客様限定。
 

特典②

14:00〜15:00 コーヒー、紅茶、ハーブティ等無料。談話室内Wi-Fi無料!
新規のお客様がチェックインしない、静かな時間帯でカフェタイムをお楽しみ下さい。
 

「ゆっくり、のんびり」のすすめ

さあ、温泉を堪能してみよう!ゆっくり、のんびりしてみよう!とは言っても今ひとつピンと来ないかもしれません。「自分へのご褒美」というフレーズがあります。私達が考える「本当の豊かさ」を共感して頂けるお客様だけに許された気持ちを開放する時間をご提供したいと考えております。高級感のある宿に泊まって、ビンテージワインを飲む事とは対局にあるかもしれません。あれこれと欲張りな行程を組むよりも、宿にステイする上質な贅沢。
 
峩々の談話室はWi−Fiの環境が整っておりますので、セカンドオフィスとしてご利用頂くのもよろしいかと思います。文章をまとめたり写真を編集したりするかたわら、ちょっとアイディアに詰まったら温泉へ。ほんの数時間だけでも、仕事をから離れられない方でも自然体で旅に出て頂きたいと思います。たまには時計をはずし自然の中にとけ込んでみてはいかがですか?
 

温泉入浴 湯治の作法

療養、疲労回復などを目的とした温泉入浴方法には様々な方法があります。泉質によっても様々ですし、その時代背景なども大きく関係してきます。
 
峩々の温泉は…

  1. 入浴…ゆっくりと湯船につかり、体の隅々まで温泉に浸かる事。
  2. かけ湯…熱い湯を下腹部に掛けて、じんわりと胃や腸を温める事。
  3. 飲泉…ナトリウム・カルシウム成分を多く含む源泉をお腹から浸透させる事。

 
入浴や飲泉方法につきましては、六代目 湯守 竹内宏之(温泉入浴指導員)がアドバイスをさせて頂きます。お気軽にお声掛け下さいませ。